トラストシール掲載方法

トラストシールはサイトの運営主体の実在性を証明し、セキュアなサイトであることをアピールできます。クロストラストのSSLサーバ証明書、EV SSL証明書をお申込・取得された方は、以下のトラストシールの掲載方法をご参照ください。

1.トラストシール画像を Web サーバへ保存してください。

※ ご利用のサイトに合わせて以下8つの大きさの中からお選びください。

トラストシール(大) トラストシール(中) トラストシール(小)
トラストシール(大)ダウンロード トラストシール(中)ダウンロード トラストシール(小)ダウンロード
トラストシール2(大) トラストシール2(中) トラストシール2(小)
トラストシール2(大)ダウンロード トラストシール2(中)ダウンロード トラストシール2(小)ダウンロード
トラストシール2(横長大)
トラストシール2(横長大)ダウンロード
トラストシール2(横長小)
トラストシール2(横長小)ダウンロード

2. ご利用になる Web ページに HTML をコピーしてください。

トラストシールHTMLタグ貼り付けイメージ

※「サーバコモンネーム(FQDN)」および「画像ファイルのURL」の“「」”の記載は不要です。

※証明書を443番ポート以外でご利用される場合、設定方法が異なりますので認証サービス部までお問い合わせください。

より効果的に安全性をアピールするために

より効果的にサイトの信頼性をアピールするためには、トラストシールの掲載と共に説明文を掲載する事をお勧めいたします。下記の表示例をご参照ください。

クリックして検証 当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、SSLサーバ証明書を導入しています。クロストラストが提供するトラストシールをクリックすることで、検証結果をご確認いただけます。

上記の例の様に説明文を掲載する事により、より解りやすくお客様のサイトが高いセキュリティの配慮を行なっている事がアピールできます。"クロストラスト" 部分のリンク先は https://crosstrust.co.jp/ となります。

  掲載文言は以下をコピーしてご利用ください。

フィッシング対策とSSL

フィッシング対策の有効な手段の一つとして信頼性の高い「SSLサーバ証明書」の導入が挙げられています。
多くのWebサイトにおいて、個人情報を送信させる場合はSSL暗号化通信を利用しており、ユーザーはWebサイトの信頼性をSSL通信中に表示されるWebブラウザの鍵マークをクリックすることで、簡単に表示できる仕組みになっています。
>>フィッシング対策とSSLに関する詳細