携帯対応率比較

クロストラストのSSLサーバー証明書は、99.6%以上の携帯端末に対応しています。これはRSA2048完全対応のSSL証明書として、業界最高水準の対応率です。(アクセスシェア比、2012年11月調査)

※個々の携帯端末の対応状況についてその一覧を随時更新しております。

弊社が「RSA2048完全対応」と表記させていただいている理由は以下の通りです。

いわゆる暗号の2010年問題に対応するため、弊社を含む各SSL証明書ベンダーはそれぞれRSA2048への移行を表明、実施しました。しかしながら、携帯対応を理由に「クロスルート」等の名称でRSA1024の継続利用を推奨しているケースが見受けられます。

移行前の古いルートを併用し続けるわけですから携帯対応率が維持されるのは当然ですが、では、もしRSA1024の利用を完全に停止した場合にはどうなるでしょうか?たとえば、国内でも高いシェアをもつ大手ベンダーV社の場合は以下のようになります:

このように、もしRSA2048への完全移行を実施した場合には、弊社は(すでに完全移行済みなので)携帯対応率も99%以上のままなのに対し、「クロスルート」を推奨する他社大手ベンダーの場合には約1/3の携帯端末が非対応になってしまいます。 携帯対応率比較の際には、それが「RSA2048完全対応」の数字なのか、あるいは「RSA1024の利用を継続していることが前提」の数字なのかを確認されることをお勧めします。